eTranslateについて
サービス
テクノロジー
ソリューション
インスティテュート
クライアント
パートナー
Printer friendly page
eTranslateインスティテュート
カルチャートレーニング
グローバリゼーション戦略
マネージメント観点によるグローバリゼーション
インターナショナライゼーション マネージメント
グローバリゼーションベーシック
インターナショナライゼーション:MS Windows
インターナショナライゼーションプラットフォーム:Unix/Linux/Solaris
インターナショナライゼーションとローカライゼーションテスティング
インターナショナライゼーションとソフトウエア開発:C、C++
インターナショナライゼーションとソフトウエア開発:Java
インターナショナライゼーションとソフトウエア開発:Visual Basic
インターナショナライゼーションとソフトウエア開発:スクリプト言語
ローカライゼーションベーシック
グローバリゼーションとコンテントクリエーション
海外業務担当者のためのライティングイングリッシュ
   
 
グローバリゼーションベーシック

コース解説
このコースでは技術レベルでグローバリゼーションのコンセプトを紹介しています。特にロケール、スクリプト、エンコーディングのコンセプトについては、標準化取り組みに焦点を当てて紹介しています。製品開発、仕様におけるグローバリゼーションの必要要件についても言及します。

受講対象者: グローバリゼーションに関心が有るお客様(管理者、スタッフ含)。このコースはeTranslateの他の殆どのコースを受ける際の受講要件のコースとなっています。

コース時間: 約2時間

受講要件
受講者は下記のコースを終了していることが必要です
  • 無し
講座概要

    1. インターナショナライゼーションとローカライゼーションの相違点
    2. ロケール:a. 言語 b.宗教、領土、国 c. 書式と単位 d.ISO639とISO3166(POSIX)と最新規格
    3. 世界のスクリプト:a. 文字セット(ユニコード、ASCII, ANSI, JIS, 他) b. エンコーディングスキーム c. フォントと象形文字
    4. グローバリゼーション必要要件(マーケティング要件、製品要件と仕様)
    5. 各種開発環境インターナショナライゼーション戦略の概要
    6. 質疑応答



 
 


  サイトマップ | プライバシポリシー | 免責事項 | クライアント | お問い合せ
 翻訳 | ウェブサイト翻訳 | ソフトウェアローカライズマルチカルチャーコミュニケーション
 コンテンツマネジメント | 翻訳マネジメント | ソリューショントレーニング
  © 1994-2008 eTranslate.biz. All rights reserved.